シュワシュワ感で大人気、炭酸パック

 35度を超える猛暑日が珍しくなかった今年の夏。さっぱりとした気分を味わうとともに、エイジングケアに役立てたいと考える女性たちに圧倒的な支持を受けたのが、炭酸パックです。

 炭酸パックとは、文字通り、炭酸ガスをジェルに閉じ込めたパックのこと。以前は、エステサロンでの利用がメインでしたが、手軽に利用できるジェルタイプのパックが開発され、その血行促進効果とシュワシュワとした感覚は高い人気を呼んでいます。

 芸能人やモデル御用達の高級品も出ていますが、幅広い人気という点では、コットンを原料にした化粧品や化粧雑貨を扱うコットン・ラボの「炭酸パックマスク」が一番人気。

 さまざまなシートタイプのパックが発売される中で、炭酸パックマスクがこれだけヒットをしたのは以下の要因が考えられます。

 

 ・効果を感じられる物理的な要素(シュワシュワとした感覚)

 ・値頃感(3枚入って希望小売価格620円)

 ・使いやすさ(シートを濡らすだけでシュワシュワの炭酸パックが可能)

 

従来の炭酸パックは、ジェルと炭酸パウダーを混ぜるという手間が必要でした。その後、混ぜないタイプの炭酸パックも発売されましたが、手や指を濡らさず肌にジェルをまんべんなく乗せるという手間が必要でした。その点、コットン・ラボの「炭酸パックマスク」なら手間いらず。価格も安く、かつそれなりに効果を実感できる点が評価されたのです。

▲このページのトップに戻る