昔ながらの美容法に現代的エッセンスをプラスしたクレイパック

湿度が高い夏の間に毛穴に蓄積した汚れをすっきり落としてさっぱりしたい。夏場は、こうした女性のニーズを獲得して、ファンを増やしているパックがいくつも登場しています。

 その一つが、キールズの「レアアースマスク」。

 皮脂吸着成分(カオリン)を豊富に含んだアマゾンホワイトクレイを配合した、いわゆる泥パック型のアイテムですが、高い吸着力を備えたベントナイトを加え、さらに保湿効果の高いアロエベラ液汁や皮脂バランスを整えるカラスムギ穀粒も配合しています。

 オーガニックコスメブランドとして多くのファンを持つジョンマスターオーガニックの「MCピュリファイングマスク(モロカンクレイ)」も注目度が高く、女性誌での登場頻度が高いパックです。優れた吸着力を持つモロカンクレイの力を使い、保湿効果のあるヒマワリ種子をプラス。汚れを落とした後は、すかさず肌を潤す効果を追求しているのが特徴です。

 泥の持つ力は昔から注目されてきました。美白効果、殺菌作用があり、肌の老廃物を取り去る力、くすみを取る力などに着目し、これまでもたくさんのクレイパックが開発され、人気を得てきましたが、キールズもジョンマスターオーガニックも、そうした従来型のクレイパックとはひと味もふた味も違います。泥パックならではの「ナチュラルな力」をクローズアップし、保湿力の高い成分を加え、パッケージやネーミングと合わせて、現代的なクレイパックに仕立て直しているのです。

 昔から利用されてきた美容だからこその「安心感」に、現代のスキンケアテクノロジーを駆使した新処方。クレイパックの人気に、これから受けるスキンケアアイテムの方向性が見えてくる気がしませんか?

▲このページのトップに戻る