2010年:ナチュラルコスメのいま

化学物質をできるだけ使わず、自然に近い成分を追求した化粧品、いわゆるナチュラルコス2ナチュラルコスメ売り場.jpgの人気が長く続いています。

しかし、女性がいまナチュラルコスメに求めている内容は、かつてとは様変わりしていることをご存じですか?

もう無添加や植物といったキーワードでは満足できないexclamation×2

そんな時代が訪れているのです。  ナチュラルコスメに対する現代女性の飽くなき欲望とニーズを探ってみました。ひらめき 

■欲望その1 … 素材とポリシーにこだわりたい

・ 90年代には、アロマセラピーの考え方をベースにしたコスメが一世を風靡しました。

植物の自然な香りに癒されてキレイになりたいとファンが急増しましたが、女性たちはさらに一歩進んで、素材をチェックし、さらには安全性に対する化粧品会社の理念や企業姿勢を厳しく見つめるようになっています。

・ 化粧品とその素材をはぐくむ自然環境について明確なポリシーを持ち、製品を作っているか、石油系の合成成分使用に対するスタンス等。

はっきりとした企業理念のない化粧品会社は生き残れない時代です目

■欲望その2 … 認証団体にこだわりたい

  ・ オーガニックといってもそれが名ばかりではないのか、第三者機関からしっかり認証を受けているのか、女性たちはオーガニックの認証団体チェックも怠りません。

日本には明確なオーガニックの基準がないため、いまのところ、支持率が高い機関はドイツの自然化粧品の認定ガイドラインのBDIHや、フランスの国際有機認定機関であるECOCERTアメリカのオーガニックコスメ認証機関USDAなど。

オリジンズがECOCERT認証を受けた「オーガニックナリシング」を発売したり、

ランコムが防腐剤を使わず自然由来の成分で作りあげたリップグロスを限定発売するなど、大手の参入も増え、女性誌や美容誌で特集されることも増えているため、今後、ますます認証団体への関心が高まっていくことが予想されます。

 

最近、個人的に気になっているナチュラルコスメ2点をご紹介しておきます。

2ナチュラルコスメDr.Hauschka.JPG

 1、オーガニック派に信頼2ナチュラルコスメLAVENA.JPG篤いブランドドイツで生まれた天然素材100%のブランド、Dr.ハウシュカ。

 

2、ドイツ生まれのオーガニックコスメ、LAVENA。BDIHの認定を受けている。

 

■欲望その3 … 最新テクノロジーもほしい

ぴかぴか(新しい) これまで、ナチュラルコスメに求められている要素は、癒しややすらぎ、安心・安全でしたが、即効性もほしい、目に見える効果もほしい、効果があるという実感がほしい、という女性は少なくありません。

こうした志向に応えて、オーガニック素材とテクノロジーの融合が着実に進んでいます。肌の再生や修復、保湿、美白。ナチュラルでかつ一般の化粧品に求められる要素を兼ね備えてほしいexclamation×2女性のわがままなニーズはとどまるところを知りませんわーい(嬉しい顔)

■欲望その4 … オシャレ気分も味わいたい

  ぴかぴか(新しい) ・ ナチュラルコスメというとシンプルなイメージで容器も素っ気ないものが多く、実際、ナチュラルコスメ派にはそのような仕様を望む人が多かったものですが、現在は違います。

オーガニックコスメ人気のすそ野が広がったことにより、ゴージャスなボトルやジャー、

可愛いパッケージ入りのオーガニックコスメが急増しています。

「エコでオシャレ」は時 代の趨勢なのかもパスワードexclamation&question

■欲望その5 … 国産にこだわりたい

 ・ 食の分野で国産志向が強いように、国産の上質な素材を用いたドメスティックなナチュラルコスメ志向も高まっているようです。米、黒豆、アロエ、オリーブ等など、見渡せば国産の上質な素材はたくさんあります。地方にはまだ活用されていない素材もたくさんあるので、今後は地方初のオーガニックコスメも台頭してくるかもしれません。  

★いかがでしょう? 

オーガニックコスメ市場には海外ブランドも続々進出し、選択肢は増える一方ですが、女性の選択眼はそう甘くありません。

さあ、ここで勝ち残るのは果たしてどんなブランド? 興味は尽きませんね。わーい(嬉しい顔)

▲このページのトップに戻る