2011年:「白ゴマ油」の化粧品原料としての可能性・「ゴマリグナン」

胡麻.jpg植物オイルについて、何を取り上げようか悩んでいる時に・・・昨年夏に、フジテレビさんの某番組で「白ゴマ油」について紹介していたのをふと思い出しました。

「食べるラー油」が2010年流行語大賞にノミネートされるなど、続く調味料ブームの波にのり、今回は、「白ゴマ油」について調べてみたいと思います!!

「ごま油」って化粧品に使えるの?と思っていらっしゃいますか?exclamation&question

はい、インド大陸の伝統的医学であるアールヴェーダでは、マッサージオイルとしてポピュラーなセサミオイルです。 太白ごま油1.jpg

白ゴマ油って な・あ・に?

普通の胡麻油がゴマを軽く煎ってから搾るのに対し、白ゴマ油はゴマを煎らずに生のまま搾ったもので色や匂いがほとんど無いものです。街のスーパーで手軽な値段で手に入ります☆ 胡麻油でありながら無色無臭なので、オリーブオイルの代わりにパスタなんかに使うと凄く美味しいです!!

???  どうしてこんなに、白ゴマ油が最近注目されているのかというと ???

 

 「 ゴマリグナン 」(セサミン・セサモール・セサミノールなど)の力

@ 老化防止 : 肝臓で老化の原因になる活性酸素を撃退

A 美肌効果 : 新陳代謝を促進

B デトックス効果 : 体の毒素を体の外へ排出 

これら、3つの代表的な効果が上げられます。

食べるのはもちろんですが、お肌に直接塗るのが一番効果的です。

お肌に塗ることで成分が毛穴から毛細血管を通り、血流にのって胃腸を通らず直接肝臓に届くと言われています。 

この白ゴマ油を一度100℃まで加熱して冷ましたものを、街中の女性は、色々な使い方をしているようです(∩_∩)

 ■ 全身リンパマッサージ用のボディーオイル

■ メイク落とし

■ 頭皮用マッサージオイル

■ ヘアケアオイル

■ うがい            

 etc… 色々な用途で使用されているのですね。  

▲このページのトップに戻る