ボディコスメのポテンシャル

ぴかぴか(新しい)頭の先からつま先まで。ぴかぴか(新しい)女性の美のターゲットに制限はありません。普段は洋服に隠れているボディへの意識は高まり、ボディコスメを選ぶこと、使うことを積極的に楽しむるんるん女性が増えています。グッド(上向き矢印)

 いまどんなボディコスメが人気を集めているのか。NEW

今回は、ボディコスメのポテンシャルを探ってみましょう。目

■甘く優しい香りが全盛

いまやマーケットにはたくさんのボディケア商品が並んでいます。NEW新発売も跡を絶ちません。

近いところでは、昨年の10月にジルスチュワートがボディケアラインを一新し、「SWEET RELAX」を発売。Kiehl's(キールズ)からも初のフレグランス・ボディケアライン「アロマティック ブレンド ライン」が投入されました。4つの香りごとに、ミスト(フレグランス)とボディクレンザー、ボディローションの3アイテムを揃えたシリーズです。わーい(嬉しい顔)

 今年に入ってからも、ジョンソンエンドジョンソンから、ボディケアのプレミアムライン『バイブラント ラディアンス ボディローション』が発売になりました。このように競合が厳しくなる中、女性たちから支持されているボディケアコスメには以下のような傾向が見られます。揺れるハート

 

 1. 香りが不可欠ひらめき

 2. テクスチャーの多様化ひらめき

 

 顔に使用するスキンケアコスメにおいてはまだ無香料のものが見られますが、ボディケアでは香り全盛。女性をうっとりとさせる香り抜きではボディケアコスメは語れないexclamation×2。そう言っても過言ではありません。目

 例えば、アットコスメで2012年上半期のボディケアのベストコスメは、1位がローズとバニラの香りの「ロウィーナ・バード」(ラッシュ)、2位は甘く優しいフルーティな香りが特徴の「チャンスオー タンドゥル ボディ モイスチャー」(シャネル)、3位はフローラルな香りに満ちた「フレグランスボディミスト リリークラウン」(フェルナンダ)でした。ぴかぴか(新しい)

 日本女性が好きな柑橘系な香りは上位には登場せず、ボディケアにおいては甘い香りが優勢なのです。ボディケアをするときは思い切り女らしい気分を味わいたいかわいい。これが女性の本音なのかもしれませんね。キスマークぴかぴか(新しい)

■固形から液状に変化するテクスチャー

 ローション、クリーム、オイル。ボディコスメには、こうした既存のくくりにとらわれない新しいテクスチャーが登場し、人気を呼んでいます。目

 例えば、ボディクリームと一口に言っても、オイルとクリームの中間のようなものもあれば、限りなくジェルに近いものもあります。NEW前項で紹介したジルスチュワートの「SWEET RELAX」シリーズにある「ボディバーム」は、一見固形なのに肌にのばすととろとろと液状に変化する不思議な質感。目ぴかぴか(新しい)ボディクリームともボディミルクとも違う新しいテクスチャーは「しっとりと吸い付くような肌」をもたらすと好評を得ています。exclamation×2

 つけやすく、保湿感が保てるテクスチャーの開発は今後も進みそうです。 

 

■衰えないスリミング志向

 香りやテクスチャーのほかにも以下のような傾向が挙げられます。わーい(嬉しい顔)

 

 3. ボディにも顔にも髪にも付けられるオールインワンタイプが好評exclamation

 4. 衰えないスリミングコスメぴかぴか(新しい)

 steam cream.JPG

 3を代表するヒット商品といえるのが、「スチームクリーム」です。パッケージの可愛さと手頃な価格でちょっとしたブームを巻き起こしましたが、人気の背景として「これ一つされあれば身体から髪、顔すべてに使える」という利便性が見逃せません。目

 4を象徴するのが、大ヒットとなったクラランスの「リフトマンスール ハイ ディフィニシオン」です。このジャンルのパイオニア、ディオールの「スヴェルト」が脚光を浴びてからすでに十数年が経過していますが、「痩せたい」という女性のニーズは相変わらず高く、スリミングコスメの根強い人気が浮き彫りになりました。わーい(嬉しい顔)

■可愛いパッケージでボディをケアしたい

weleda.jpg そのほかには、次のような傾向が見て取れます。

 

 5. オーガニックがボディケアにも進出かわいい

 6. 高まるパッケージのデザイン性ぴかぴか(新しい)

 

 身体全体につけるボディコスメこそオーガニックな処方を選びたいという女性は少なくありません。その人気を裏付けるのが、オーガニックコスメブランドの代表格・ヴェレダの「ホワイトバーチボディシェイプオイル」です。スリミング効果はうたっていませんが、老廃物の排出を促すシラカバエキス配合は、デトックス志向の女子の心をがっちりとつかんでいるようです。ひらめき

 6のパッケージについても触れておきましょう。大容量でシンプルなボディコスメもたくさん発売されていますが、近年、人気のアイテムを見ると、デザイン性が高いものばかり。先に挙げた「スチームクリーム」は2ヶ月毎に缶のデザインが切り替わるという鮮度の高さと、可愛いパッケージデザインが人気を呼びました。ジルスチュワートの「SWEET RELAX」も、ズバリ女子のハートを直撃するデザインが人気の要因の一つです。exclamation×2

 

 こうした要素を踏まえて、次にはどんなボディコスメが人気を集めるのでしょう。ボディケアタイムがより楽しくなるアイテムに期待しましょう。目

▲このページのトップに戻る