冬に備えたアンチエイジング

 今年は台風のあたり年。ふらふら

しかし、台風に脅かされた秋もやがて過ぎ、季節は着実に冬へと向かっています。

冬は日焼けの心配こそなくなりますが、空気が乾燥するため、

しっかりとしたお手入れが欠かせない季節でもありますね。わーい(嬉しい顔)

さて、女性たちはどのような美容法で冬のアンチエイジングに備えているのか。

その傾向を探ってみましょう。目

冬こそアンチエイジングが必要なワケ

 冬の環境は、お肌には決して良いものではないことをご存知ですか? 

冬は、肌のエイジングを加速させる季節とも言われています。ふらふら

 女性誌でもよく取り上げられているその理由をまずおさらいしてみましょう。目

 

 T. 皮脂膜が不足する

 暑い夏には皮脂膜の不足を心配する必要はありません。

しかし、冬になると、汗と皮脂の分泌量が大幅に減少してしまいます。

 「天然のクリーム」とも呼ばれる皮脂膜が不足した肌の行き着く先は、乾燥し、肌荒れを起こした肌。

しわやたるみが加速した肌なのです。

 

  U. 乾燥が著しい

 冬の空気は一年でもっとも乾燥しています。

湿度は場所によって異なりますが、東京は平均50%前後と、全国でも有数の低湿度エリアです。晴れ

しかも、暖房機器を使用することで、さらに乾燥に拍車がかかってしまいます。バッド(下向き矢印)

 この「乾燥」こそ、肌の大敵

肌のバリア機能が低下し、肌の水分を保つ働きも低下するため、肌の弾力が衰え、しわやたるみ、

毛穴の開きといった症状を招いてしまうのです。

 外部刺激に対して敏感になる人が増えるのもこの時期の傾向です。

「服がこすれて、腰や脇がチクチクする」「肌が乾燥してかゆい」「粉をふく」といった症状に悩む人が多いのも、

湿度が低く、空気が乾燥するための現象なんですね。ひらめき

 

 V. ターンオーバーが乱れる

 寒いと体がきゅっと縮こまりますよね。

そう、冬は毛細血管が収縮してしまう季節。

どうしても血行が悪くなりがちです。がく〜(落胆した顔)

 血行の悪い肌とは、つまり、定期的な肌活性に乱れが生じた肌。

ターンオーバーにも影響が出ます。

結果的に、肌にくすみが生じ、透明感が失われてしまうのです。

脚光を浴びるオイルとセラミド配合コスメ

 1〜3で示した冬ならではの環境により、冬の肌はしわやたるみ、くすみ、弾力性の低下が

起きやすくなります。

アンチエイジングに力を入れる女性が多い理由はここにあります。ひらめき

 では、女性たちはこの季節、どのようにしてアンチエイジングに努めているのでしょうか。

まず、化粧品で注目されているのがオイルです。皮脂を補うために、油分の入っているクリームやジェルも

利用されていますが、最近とみに、存在感が高いのはぴかぴか(新しい)オイルそのもの。ぴかぴか(新しい)

顔はだけでなく、ひじ・ひざ・かかと髪にも使用できるマルチユースのオイルが脚光を浴びています。exclamation

ソンハーユ.jpg

 

例えば、アルビオンの「エクサージュ ハーバルオイルゴールド」、

尊馬油の「 ソンバーユ無香料」、無印良品の「ホホバオイル」などです。

 日本初のオーガニックコスメとして人気上昇中のブランド、アムリターラの「ビューティーエイジトリートメントオイル」も評価を得ているアイテムの一つ。

 

「カプセルの突起部分を手でねじ切ってオイルを手のひらに取り、顔や首にマッサージし、

温タオルや蒸しタオルを顔に当て、余分なオイルを優しくふき取る」という使い方も高評価。わーい(嬉しい顔)

定番が多いオイルのジャンルで新たな人気を獲得するには、商品の効果はもちろんんこと、

使い方提案も重要な鍵を握っているようです。NEW

 肌を守る保湿成分であるセラミド配合の化粧品も、冬のアンチエイジングには欠かせないアイテムとして

利用されています。

全薬工業の「アルージェ」や小林製薬の「ヒフミド」などが該当します。

美容誌を愛読する女性は、セラミドのうち特に保水力にすぐれているのは、セラミド1・2・3であることを

よく知っています。

製薬会社のコスメが人気を集めているのは女性の美容知識の高さの現れなのかもしれませんね。exclamation×2

体の内側から血行を良くする

 冬のアンチエイジングケアに励む女性は、入浴法にも手を抜きません。exclamation×2

 冬であろうと、半身浴で 20〜30分浸かって体をポカポカに温え、お風呂からあがったらすぐに

保湿ローションやクリームを使って、全身をくまなく保湿しています。

保湿ローションや保湿クリームの需要は冬により高まるのです

 食事から乾燥肌対策に努める女性も少なくありません。ひらめき

肌の乾燥を防ぐ効果があるとされている栄養素はビタミンA、B、Eの注目度が上がるのがこの季節です。

 また、コラーゲンやCoQ10、セラミドなどを含んだサプリメントや美容ドリンクの需要も

この時期に高まります。

美容ドリンクのカテゴリーで女性の支持を集めている注目アイテムが、ぴかぴか(新しい)大正製薬の「めぐり美人」ぴかぴか(新しい)ひらめき

血管を拡張し、血行を良くする機能がある「ショウガオール」を多く含む生姜を使ったドリンクです。

希釈タイプとそのまま飲むタイプが揃った「めぐり美人」は、甘酸っぱい味やぽかぽかと

暖かくなる効果が大好評。

1年〜1年以上を経過していますが、着実に支持を集めている模様です。グッド(上向き矢印)

 体の内と外の両面からのアンチエイジングに熱心な女性たち。

不足しがちな皮脂膜を補い乾燥を防ぎ血行を良くするコスメやサプリ、ドリンクは

今後さらに増えそうな予感がしますね。わーい(嬉しい顔)

▲このページのトップに戻る