アジアコスメ事情:タイ編

 親日国が多い東南アジア。

中でもタイは日本文化を愛する層が多く揺れるハートぴかぴか(新しい)美容や化粧品ぴかぴか(新しい)においても、

日本製品や日本のトレンドを追いかける女性は非常に多い国です。

その首都バンコクではどのようなトレンドが見られるのか。

今月はバンコクのコスメ事情を探ってみましょう。目

タイ女性の肌事情に対応した日本製オールインワンジェル

 タイには、タイ生まれの総合化粧品メーカーはそう多くはありません。

 

 その中で、スキンケアからメイクアップまでキスマークタイの女性から根強い支持を獲得している黒ハート

数少ない老舗コスメブランドといえるのが、ぴかぴか(新しい)オリエンタルプリンセスです。

 

 ハーブやトロピカルフルーツをふんだんに使った、手頃な価格の化粧品を多数送り出しているブランドで、

大型の商業施設の常連店舗となっています。わーい(嬉しい顔)

客層はどちらかといえば若い世代。パッケージの可愛らしさも特徴です。ひらめき

 

 しかしながら、このほかにはコレ!といったタイ発のコスメブランドは見当たりません。

では、タイの女性はどのような化粧品でスキンケアを施し、メイクアップをしているのでしょうか。目

 

 スキンケアやメイクアップを支えているのは、日本を含む外資系のブランドといってもいいでしょう。

日本製品の評価は高いものの、最近は韓国コスメが台頭exclamation&questionし、直営店の数も増えてきました。

ドラッグストアやバラエティストアでも韓国コスメの存在感が目を引きます目

 

 そんな中、脚光を浴びているのは、日本人が開発したメイドインジャパンのオールインワンジェル

高温多湿な気候でありながら、室内は過度の冷房により乾燥に悩む女性が多い--。ひらめき

そんな事情を背景に、「潤い」を重視した同アイテムは、オールインワンジェルがまだ普及していない市場に新風を吹き込みました。NEW

価格が1200バーツ(約3600円)と、タイのコスメとしては高いものの人気は上々。グッド(上向き矢印)るんるん

主要チャネルであるドラッグストアでも売上上位にランクインしています。

日本製である点も支持を後押ししているようです。サーチ(調べる)

 

 これから、こうしたタイの女性の肌事情を踏まえて商品設計した日本生まれのコスメが増えてくるかも

しれませんね。わーい(嬉しい顔)

日本人女性が生み出したハーバルブランド

 メイドインジャパンではありませんが、日本人女性が運営するSPA、アジアハーブアソシエーションの製品も

人気急上昇中です。グッド(上向き矢印)

 

 アジアハーブアソシエーションは、ぴかぴか(新しい)タイで400年前から伝統医療として受け継がれている

「ハーバルボール治療」を踏まえたマッサージを提供しているお店ぴかぴか(新しい)。バンコク市内に5つの店舗があります。

 

 ハーバルボール治療とは、18種類のハーブを木綿の布で包み、蒸し器で温めてから全身に優しく

押しあてることにより、ハーブの持つそれぞれの成分を浸透させる民間療法のこと。

アジアハーブアソシエーションでは、乾燥させたオーガニック栽培のハーブや花、果物を用いた

入浴用のバスボールのほか、ヴァージンオリーブオイルをハーブや花を加えて作った石けん、液体石けん、

ボディオイルなどを発売し、好評を博しています。揺れるハートbathandbloom.jpg

決めの細かいサービスも受けている一因です。ひらめき

 

 アジアハーブアソシエーションはいまタイだけでなく、他のアジアの国や中東への進出も進めているとのこと。exclamation×2

日本人女性の手によるタイ生まれのコスメブランドは着々とグローバルブランドへの道を

歩み始めているわけです。NEW

 

 今後、アジアハーブアソシエーションから本格的なスキンケア製品が生まれる可能性も

高いのではないでしょうか。

タイのコスメ市場におけるアジアハーブアソシエーションの動向に注目!です。サーチ(調べる)目

タイ女性の肌を支えるSPAブランド

 このアジアハーブアソシエーションもそうですが、タイの女性たちはSPAブランドいい気分(温泉)の製品を使って、

スキンケアやボディケアに熱心に取り組んでいます。ひらめき

 

 代表的なブランドが、タイのSPA御三家ともいえるHARNN(ハーン)、HARNN(ターン)、

HARNN(パンピューリ)といったブランドですが、最近ではバスアンドブルームやマウントサポラも

高い人気を得ています。thann.jpgNEW

前者は、その名称からもわかるようにお風呂タイムやその前後で楽しめるアイテムをずらりと揃えたブランド。るんるん

石けん、ボディスクラブ、ボディオイル、シャワージェル、ヘアケア等など、アロマごとに揃えたラインナップは充実の一言!ですよ。exclamation×2

 

 後者のマウントサポラは、バス関連にかぎらず、スキンケアラインをひと通り

揃えていて、商品バリエーションがかなり多いのが特徴です。ひらめき

クオリティの高さにも定評があり、アメリカやイタリア、ドイツなど欧米にも進出を果たしています。

 

 タイの女性たちにとって、ハーブは極めて日常的な素材かわいいであり、スキンケア・ボディケアに

なくてはならない存在なんですね。わーい(嬉しい顔)

伸びしろがある!? ネイル市場

 メイク事情キスマークについても紹介しましょう。ぴかぴか(新しい)

 タイの女性の間でいま人気を集めているのが、ぴかぴか(新しい)まつげとネイルぴかぴか(新しい)です。ひらめき

5年ほど前からまつげのエクステンションの人気が高まり、専門店が急増。

化粧品の店でも、つけまつげやマスカラ、まつげ用美容液など、まつげ関連商材のバリエーションは

増える一方です。グッド(上向き矢印)

 

 ネイルについてはどうでしょうか。タイにおけるマニキュアとは、手のお手入れのことひらめき

爪に色をぬる事がマニキュアではないのです。

 

 バンコクの女性の多くは美容院やネイルサロンで気軽にマニキュア(手のケア)に励んでいて、

ネイルサロンの普及度合いは日本と比べても遜色がありません。わーい(嬉しい顔)

ペディキュア(足のケア)も一般的です。exclamation×2

 

 色については、以前はペイントアートが主流でしたが、最近は日本の影響で3Dやエアブラシの技術も導入

され、技術力は上がってきています。目

 

 もっとも、日本で人気のジェルネイルはまださほど浸透していません。タイ人や白人観光客には

アクリルカラーが一般的。カルジェルもほとんど見られません。exclamation×2

ジェルネイルの良さや特徴が知れ渡れば、この先タイのネイル市場が変化することも考えられるでしょう。

タイのネイルはまだまだ伸びしろがありそうです。わーい(嬉しい顔)

 

▲このページのトップに戻る