ボディーケア最新トレンド

肌の露出度が高くなる時期がやってきました。年々ヒートアップする女性の美容熱は

ボディケアにどんな影響を与えているのでしょう。

今月は、ボディケアの最新トレンドを探ってみます。

ドライブラッシングに使うブラシの人気急増

女性のボディケア事情を見る上で、忘れてはならないのがエクササイズや道具の存在です。

 

人気モデルのミランダ・カーが入浴前のまだ濡れていない裸の体にブラシをかけ、血行を促進し、

皮膚の代謝やリンパの毒素排出機能を高める美容法を取り入れていることが知られてからというもの、

「ドライブラッシング」に励む女性が続々と増えています。

drybrush.jpg

ニールズヤードの「ボディシェイプマッサージブラシ」やDHCの「ボディケアブラシ」など、

専用のブラシを発売するブランドも増えてきました。

「ドライブラッシング」専用のツールとして、ドイツのブランド、メルベンの「ドライブラシ」もブレイクしています。

 

今後は、単にボディケア製品だけでなく、ツールと合わせて効果を訴求する

ボディケアアイテムの開発が進むのでは? 

ボディケア市場の成長はまだまだ続きそうです。

高い?低い?女性がボディケアに励む頻度

いまや年間を通して女性の強い関心事となったボディケア。

女性はどのぐらいの頻度でボディケアを行い、そのときどんなアイテムを使用しているのでしょうか。

 それがわかるアンケート結果があります。調査会社マーシュが昨年6月に実施した調査によれば、

全体の24.2%の女性が「毎日ボディケアをしている」と回答していました。

週に5〜6日が6.4%、週に3〜4日が8.6%、週に1〜2日が15.2%。頻度の高さが目を引きます。

 

ただし、この調査におけるボディケアには「ボディシャンプーを使って体を洗うこと」も含まれます。

体を洗う以外のボディケアに絞れば、頻度は多少下がることが予想されます。

 

では、女性はどのようなボディケアアイテムを使用しているのでしょう。ボディシャンプー以外では、

ボディローション・ミルクが38.5%、ボディクリームが24.9%、フット・レッグケアが10.5%、

ボディスクラブが9.8%、ボディジェルが5.2%、ボディオイルが4.2%という結果でした。

 

いかがでしょう。バラエティに富んだ顔ぶれですよね。

女性がさまざまなボディケアアイテムに挑戦していることがわかる結果です。

 

このアンケートの自由回答を見ていくと、女性がボディケアアイテムに望んでいる機能を探ることもできます。

女性たちの声で代表的なのが「保湿効果が長持ちする」「さらっとしてべたつかない」

「皮膚のはりをキープしてくれる」「香りがよく、自然なもの」というもの。テクスチャーへのこだわりが

目立つのは、繊細な日本女性らしい回答ですね。

 

スリミング志向の強さもうかがえます。しっとりと保湿されたスリムな体ーー。

これが日本女性の理想と言えそうです。

 

保湿とスリミングの2つの効果がほしい女性たち

保湿効果をもたらすボディケアアイテムと、スリミング効果が期待できるボディケアアイテム。

これらの2つを女性たちは巧みに使い分けているようです。

 

例えば、上品な優しい香りのレ・メルヴェイユーズ・ラデュレの「ドラジェ ボディミルク」や、

ホワイトフローラルブーケの香りに包まれるジルスチュアートの「リラックスボディミルク」を使って

肌をしっかりと保湿した後に、セルライトを生成段階から抑制するとされるクラランスの

「トータルリフトマンスールEX」の清涼感を楽しみ、スリミングに励む。

そんな使い方をする女性が多いからです。

masvelt.jpg

しかしながら、2つの機能を1つのアイテムでかなえたいと考える女性も

少なくありません。

このニーズに応えて開発され、人気を集めているのが、クラランスの

「クレーム マスヴェルト」。


発売は5年前ながら、年々品質が向上し、肌に潤いを与えながら引き締めてトータルなボディケアを

可能とするこのアイテムは昨年から人気が加速しています。

 

考えてみれば、スキンケア化粧品はオールインワン流行りです。

1本で下地や日焼け止め、美容液など復数の機能を備えているBBクリームの人気も

とどまるところを知りません。

ボディケアのカテゴリーでも、肌に潤いを与え、なおかつスリミングにも効果を発揮する

アイテムのニーズが高まっているのではないでしょうか。

 

▲このページのトップに戻る