旅先でのスキンケア お手入れについて

 年末年始の旅行シーズンまであと1ヶ月余。

旅は計画を立てることから始まりますが、旅先でのスキンケアについてのプランはもうお決まりですか。

 今月は、女子旅のスキンケア術について探ってみました。目

さて、美肌を追求する女性たちは旅先でどのようにスキンケアを行っているのでしょうか?るんるん

いつものコスメか、キットにするか、それが問題だ

 旅先にはいつも使っているスキンケアを持っていくか、それとも旅行用のキットやトライアルセットで済ませるか。

あるいは、ホテルに用意されているアメニティキットを使うか。これは難しい問題です。

 マイナビウーマンが面白い調査を実施しています。サーチ(調べる)

ホテルのアメニティを使うかどうかを尋ねたところ、「使う派」が41.7%、「自分が普段使っているものを使う派」が58.3%。

旅先でもいつもとおりのスキンケアコスメを使う女性の方がやや多いのです。わーい(嬉しい顔)

 普段のコスメを使う理由として挙げられていたのは、「旅行中はただでさえ肌が荒れやすい」

「慣れないものを使うと、肌が荒れテンションが下がる」というもの。美肌への高い意識がうかがえますね。

 もっとも、普段通りのスキンケアを行う女性がアメニティキットを使わない、ということではありません。

興味のあるブランド、高級ブランドが用意されていれば、少しだけ使ってみたり、持ち帰るという女性も多いのです。

ホテルのアメニティキットは旅行中の女性にとっては新しいブランドの導入編としても機能しています。

シートマスクやオイルでお手入れ

 ふだんのスキンケアで済ませるといっても、美意識の高い女子はそれだけではおさまりません。

旅行中の肌のために、プラスαのアイテムを心がけています。るんるん 

例えば、シートマスク。

すっかり一般的なアイテムになったこのシートマスクを、旅先に持参して、ホテルで使用するという女性は少なくありません。

多湿な東南アジアを除けば、ヨーロッパやアメリカなど、多くの国は湿度が低く、空気は乾燥しています。ふらふら

そのため、シートマスクは必需品という女性は多いのです。ひらめき

 乾燥対策のために、オイルを必ず持参するという女性も増えているようです。

女性誌やネットの美容記事などをチェックすると、人気が高いのは、アルガンオイルやホホバオイル、ココナッツオイル。

そして、シアバターの人気も根強いものがありますね。中でも人気なのは、植物性100%のオーガニックなアイテムです。かわいい

 オイルやシアバターの魅力は、肌だけでなく、爪や指、ボディ、髪の毛など使用範囲が広いこと。

汎用性の高さも女性に愛用されている要因です。ひらめき

 以前は、機内やホテルなどの乾燥した環境では、水分補給としてミストを使う女性が多かったものですが、

最近は、水分だけではすぐに蒸発してしまい、肌にはかえってよくないという指摘が増え、

ぴかぴか(新しい)水分補給をした後は油分でフタをした方が効果的だぴかぴか(新しい)という考え方が広がっています。

オイルの人気もそうした志向に裏付けされているようです。目

旅先では「水で洗わない派」急増!?

 旅先では水が変わることから、クレンジングについて注意を払う女性もたくさんいます。uruochi.jpg

そうした女性に人気なのが、拭きとりタイプのクレンジング。ひらめき

 例えば、ドクターシーラボの「ナチュラルクレンジングウォーター」や、マンダムの「ビフェスタ うる落ち 水クレンジングローション」、

ビオデルマの「イドラビオ H2O」といったクレンジングウォーターです。

 乳液をクレンジングとして利用する女性も増えています。グッド(上向き矢印)普段から乳液を使っている女性であれば、

旅行に余分なコスメを持っていく必要はありません。

日本とは異なる水で、肌の調子を乱したくない。

そんな女性にとって、拭きとりタイプのクレンジングは重宝するアイテムでしょう。

ハンドクリームはアロマテラピー代わり

 もう一つ、旅行用のスキンケアアイテムとして注目したいのが、ハンドクリームです。目

 オイルやシアバターで兼用するという女性もいますが、専用のハンドクリームを持って行き、旅先でも

しっかりとお手入れしたいという女性が多く、ミニサイズのハンドクリームは旅行用アイテムとして大人気なのです。

 とりわけ人気を得ているのが、ロクシタンのミニハンドクリームセット。

スタンダードなシアホイップハンドクリームに、ビオニー、ヴァーベナ、ローズなどの香りのハンドクリームがセットされた商品は、

いろいろな香りを楽しんでみたいという女性に支持されています。

10mg入りとサイズがコンパクトなことから、普段に使うだけでなく、旅行用としてもうってつけなんですね。

アロマが好きといっても、旅先にアロマテラピーのディフューザーやランプ、素焼きポットまで持参するという女性は少数派。

ぴかぴか(新しい)旅先だからこそ、自分の好みの香りに癒やされたいぴかぴか(新しい)という女性にとって、ハンドクリームは

アロマテラピーとしての役割を果たしているんですね。ひらめき

ハンドクリームはトラベル用としてもさらに需要の開拓が期待できそうです。ひらめき

▲このページのトップに戻る