ハリ肌を取り戻す化粧習慣

 加齢とともに、肌に生じてくるさまざまな変化。目

なかでも、たるみは老けて見えることもあり、女性たちの悩みは深刻です。 ふらふら

では、女性はどのようにたるみ防止に励み、ぴかぴか(新しい)肌のハリを取り戻そうとしているのでしょうか?ぴかぴか(新しい) 

女性たちの化粧習慣にフォーカスしました。ひらめきわーい(嬉しい顔)

老けた印象をあたえる元凶

 最初に、女性がたるみをどのように感じているのか、その本音を探ってみましょう。目

ライオンウエルネスダイレクトが実施した調査によれば、「あなたが肌年齢を感じるとき」という質問に、

22%の女性が「肌にハリがないとき」と答えていました。ひらめき

 

 ちなみに、2位は「急に増えたシミ」と「小鼻から延びるほうれい線」で、ともに19%。

大きな差ではないものの、女性が「肌のハリの衰え」を深刻に受け止めていることがわかりますね。わーい(嬉しい顔)

 

 アラガン・ジャパンが2013年に実施した調査からも、「肌のハリ」に対する女性の意識がうかがえます。

 「“自分の顔”で「老けた」と感じるところはどこですか?」という問いに対して、もっとも多かった答えが、

「顔にたるみが出た」(52.3%)だったのです。

 

女性は他人に対しても同様の意識を抱いています。ひらめき

「“同年代の友人の顔”で、「老けたなあ」と感じるのはどこ?」という質問に対しても、一番多い回答は

やはり「顔にたるみが出た」で、49.0%。ちなみに、どちらの質問についても、2位は「顔のしわ」で、

3位は「顔のしみ」。

「たるんだ肌」、つまり「ハリを失った肌」は、「老けた印象」の一番の原因と考えられているわけです。

ハリのある肌を作る5つの習慣

 では、老けた印象を防ぎ、若々しさをキープするため、

女性たちはどのようなケアに取り組んでいるのでしょう。exclamation&question

女性誌やWebでの情報をチェックすると、彼女たちの対策は以下にまとめることができます。

  1.乾燥を防ぐ

   2.コラーゲンやヒアルロン酸生成を促す化粧品を使用する

   3.紫外線を防ぐ

   4.ビタミンCをとる

   5.表情筋マッサージを行う

   6.食事の中身や食べる順番に注意する


 いかがでしょう。決して奇をてらった方法ではありません。美肌のための王道ともいえる取り組みです。わーい(嬉しい顔)  

6のように、食事にも女性は気を配っています。余分な糖分は体の中でコラーゲンなどのたんぱく質と

結びつき、「糖化」という現象を起こし、結果として肌のたるみやくすみを招いてしまうことを現代の女性は

よく知っています。「糖化」を避けるために、例えば、主食の前に、糖質の分解や吸収を促進する

食物繊維豊富な野菜をまず最初に食べる・・・。女性の意識はそこまでおよんでいます。ひらめき

これが人気の高い「ハリ肌」コスメだ!?

 ここで、「肌のハリ」という観点から、最近話題の化粧品を見ていくことにしましょう。目

 保湿力の高さを訴求する化粧品は市場に氾濫していますが、そのコストパフォーマンスの高さから

いま再評価され、高い人気を得ているのが、無印良品の「敏感肌用 高保湿化粧水」。わーい(嬉しい顔)

ヒトの細胞膜を構成する保湿成分のリン脂質をベースにして作られた人工的な成分で、

ぴかぴか(新しい)保湿力の高いとされるヒアルロン酸の2倍もの保水力があるとされています。ぴかぴか(新しい)ブログ写真化粧水敏感肌用.jpg

 

 400mlで1200円という価格、さらさらとしたテクスチャーなのに使用すると肌をしっとりと潤すという評判が

口コミで広がり、保湿化粧品市場において、このアイテムは確固たる地位を築くに至りました。

価格を気にせずにばしゃばしゃと使える。この気軽さもハリを求める女性たちから支持されている所以です。

 その一方で、高い「ハリ」効果を求めて、高価格のコスメの人気が根強いのもまた事実。exclamation×2

例えば、富士フイルムの「アスタリフト」です。

 

 このブランドのコンセプトは「うるおいとハリ感を取り戻したい方へ」。

老けた印象をもたらす「たるみ」を何とかしたい、「ハリのある肌」を手に入れたいという人にずばり

アピールする化粧品です。exclamation

「ヒト型ナノセラミド」を配合し、潤い成分としてアスタキサンチンとリコピンを、さらにサイズと機能の異なる3種

のコラーゲン加えた「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」は、代表的な「ハリ肌」コスメといってもいいでしょう。


 シートマスクの存在感にも要注目です。目

ハリのある肌を手に入れようと保湿に励む女性たちの間でシートマスクはすっかり定着しました。

毎日のようにシートマスクでお手入れしている女性は珍しくありません。  

 日常的なアイテムとなったシートマスクの市場にも新しい風が吹いています。ひらめき

それは、オールインワンという効果をうたったクオリティファーストの「オールインワンシートマスク モイスト」。

洗顔後のスキンケアとして使用するだけで、化粧水+美容液+乳液の3役をこなす新しいタイプの

オールインワンコスメです。


 肌のハリはほしいけれど、面倒なお手入れは嫌

そんな女性の本音に応えるコスメの需要はまだまだ多そうです。わーい(嬉しい顔)

メイクアップでたるみをごまかすことも・・・

 たるみを目立たないようにしたい。

ハリがあるように見せたい。

そう考える女性たちが最後にすがるのが、「メイクでたるみを控えめに見せる」方法かもしれません。るんるん

 

 その代表格が「シェーディング」(影を入れること)。

顔に立体感を作り、たるんだ部分を目立たなくするというテクニックです。

具体的には、まず普通にファンデーションを塗り、頬から顎にかけてのUゾーンに、自分の肌色よりも

少し暗めのシェーディングパウダーを使います。高度な方法に思えますが、最近は、

ルナソルの「シェーディングチークス」のような、あまり失敗しない専用アイテムも登場しているので、

このテクニックを駆使する女性は確実に増えてきました。グッド(上向き矢印)

 

 このほか、チークを高めの位置に入れたり、リップメイクで口角が上がったように演出するといったキスマーク

テクニックも普及しています。

たるみ隠しに効果的なメイクアップアイテムは、これからもたくさん登場しそうですね。ひらめき

とはいえ、女性たちはこれらのテクニックがあくまでも表面的な対応策に過ぎないことはよく知っています。

テクニックに走りつつも、日常的には1〜6のような方法で美肌の王道を地道に歩み、

「ハリのある肌」を追求する。これがぴかぴか(新しい)日本の女子の姿なのです。ぴかぴか(新しい)

▲このページのトップに戻る