夏の肌疲れはその日のうちに 夜用美容液最前線

 蒸し蒸しとした暑い夏。乾燥とは無縁の気候が続いていますが、エアコンの効いた室内は実は超乾燥モード。乾燥でダメージを受けた肌を回復に導こうと、女性たちが頼りにしているのが美容液です。この夏、女性たちはどんな美容液で美肌に励んでいるのでしょう。最前線を探ってみました。

                      3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s.jpg

美白と保湿が夏の女性の関心事

 女性誌や美容専門サイトを見ると、夏の美容液の重要性について訴求しているコンテンツがあふれています。

 気温や湿度が高くても、室内の乾燥により、肌の潤いが奪われてしまうこと。夏場に保湿を怠ってしまうと、秋口に入ってからその影響が現れ、肌がつっぱったりかさかさしてしまうこと。しいてはシワやたるみの原因になることなどが盛んにうたわれています。

 美白というよりも、保湿を目的に美容液をお手入れに取り入れたほうがいい、とアドバイスする内容が目立ちます。

 だからといって、女性の関心事が美白から離れている、というわけではありません。夏が近いから、あるいは夏に突入したからといって、付け焼刃的に美白に励む女性はもう少数派。多くの女性が年間を通して日焼け止めを使い、美白に効果のあるスキンケアアイテムを使っています。美白は美白で追求し、その上で保湿にも力を入れる・・。これが、現在女性の夏のスキンケアの基本スタンスといえるでしょう。

いくつものベストコスメ大賞に輝いた美容液

 では、現実にはどのような美容液が人気を得ているのでしょうか?

 昨年の秋の発売以来、女性たちから圧倒的な支持を得ているのが、「乾燥などの外的要因によるダメージに負けない美肌」をコンセプトに処方された資生堂の「アルティミューン パワライジング コンセントレート」。

 多くの女性誌でベストコスメ大賞を獲得し、イチョウやシソ、タイムといった植物成分を採用したこの美容液は、乾燥による小じわが目立たなくなると好評を博しています。

 「アルティミューン パワライジング コンセントレート」が保湿効果で人気が高い美容液なら、美白効果で人気が高い美容液が、SK-IIの「セルミネーション オーラ エッセンス」でしょう。

 独自成分のD-メラノ™に、SK-IIでお馴染みの濃縮ピテラ™、プラムエキスなどを複合した薬用美白美容液は、シミの生成を防ぐだけでなく、くすみ・キメ・輝きの質感までケアしてくれると評判です。

テクスチャーへのこだわり

 この「セルミネーション オーラ エッセンス」は、2010年に発売された「セルミネーションエッセンス」の最新バージョンという位置づけですが、前身の美容液と大きく異る点があります。

 もちろん処方も変わっていますが、「セルミネーションエッセンス」にはなかった香りがつけられているのです。SK-IIのスキンケアといえば、濃縮ピテラ™の独特の匂いでお馴染みですが、この「セルミネーション オーラ エッセンス」にはそれがあまり感じられず、やわらかな花の香りで満たされます。

 おそらくSK-IIの美容液で香りがあるのは、この「セルミネーション オーラ エッセンス」が初。美容液というスペシャルアイテムで香りの重要性が増しているのかもしれません。

 テクスチャーへの高い評価も要チェックです。これは、保湿効果で人気の高い「アルティミューン パワライジング コンセントレート」についても言えることです。

 「セルミネーションエッセンス」は、乳液とクリームの中間のようなとろっとしたテクスチャー、 

「アルティミューン パワライジング コンセントレート」は、とろっとした伸びの良いテクスチャー。ともにべたつかず、それでいで肌に乗せると肌なじみがよく、伸ばしやすいテクスチャーを実現しています。799eefaac5d86e1a2088e9b916cbdaf2_s.jpg

 「アルティミューン パワライジング コンセントレート」の場合、400回も試作を重ね、テクスチャーにはこだわりぬいて完成にこぎつけたとのこと。美容液においてテクスチャーが果たす役割がいかに重要かがよくわかりますね。

香りとテクスチャーは、これからの美容液にとって不可欠の要素といえそうです。




マッサージもできる夜用美容オイル

 ファンが急増中の美容オイルは、夏場の美容液としても存在感を高めています。

 人気オイルの代表格が、キールズの「ミッドナイトボタニカル コンセントレート」。その名の通り、寝る前に使用し、真夜中にぐんぐん肌に働きかける効果を訴求した美容オイルです。

 月見草油、スクワラン、ラベンダーオイルを配合したこのオイルの特徴も、テクスチャーにあります。オイルなのにべたべたしない、さらさらしている、クリームよりも使いやすい。そんな評価が多いのです。

                    af3f67902967f76c1bc0716a48801168_s.jpg

 ラベンダー、ゼラニウム、ローズマリー、ローズを用いた香りも特徴の一つ。寝る前にマッサージ用として使用できるのも人気要素です。目元や肌のツボ押しにも使えて、美容液としての効果や心地良い眠りを導く効果も期待できるわけです。このような、夜に使用を限定した美容オイルはこれからさらにバリエーションが増えていく予感がします。

 夜用に特化した「ミッドナイトボタニカル コンセントレート」とは対称的に、日中、どこでも気軽に使える「使い勝手の良さ」を実現した美容液、イプサの「ザ・タイムR デイエッセンススティック」にも注目しましょう。うるおい保湿成分を約65%配合したこの美容液は、スティックタイプの容器入り。日中、「肌が乾燥したな」と感じたときに素早く使える利便性が受けています。

 夜は夜で、処方、テクスチャー、香りの好みを満たす美容液を使い、日中は手軽な美容液で気になるときに素早くケアする・・・。女性の美肌ケアにアイドルタイムはないようです。

▲このページのトップに戻る